セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

ビジネス電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

ビジネスのランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

軍隊ならタダめしが喰える!?

めしあげ!! ~明治陸軍糧食物語~(1)

「めしあげ」とは軍隊用語で、配給される食事を受け取りに行くこと。主人公の千歳は田舎から出てきて困窮し、物盗りにまで落ちぶれましたが、ある時食べた軍隊の残飯のあまりのうまさに感動して、兵隊になる決意をします。
時はまさに日露戦争の開戦直前。戦争が迫っていて大量の兵隊が必要だったからか、千歳はすんなり歩兵第一連隊に入隊し、戦場へと出征していきます。
昨今、ありとあらゆるシチュエーションの“めしマンガ”が流行していますが、今作は戦争中という極限状態における「人間とめし」がテーマです。
生きるためにめしを喰らいながら、生きるために人を殺す。千歳は明るいバカキャラですが、食べ物に対する執着心は、貧困だけでは説明がつかないほど強いです。そんな彼が狂気が支配する戦場に投げ込まれた時、いったいどんなことが起きるのか。狂気の渦に飲み込まれるのか、それとも…。
ロシアとの戦争はまだ始まったばかりですが、今後の千歳の戦いと戦場めしの展開に要注目です。

続きを読む

折りたたむ

byコミタンM  (BOOK☆WALKER スタッフ)

めしあげ!! ~明治陸軍糧食物語~(1)

清澄 炯一/軍事法規研究会KADOKAWA

まさにこれは現代の寓話集

えれほん

奇才うめざわしゅんが描く作品群は、かつての大友克洋や浦沢直樹といった名手たちの短編を彷彿させますが、一つ一つのテーマはとても今風です。
地下アイドルとオタクのテーマを、ファシズムのパロディで悪魔合体させた「善き人のためのクシーノ」は、逃亡途中のアイドルから恩人であるはずのブサメンヲタに投げかけられる言葉が、超絶グロテスクな話のオチよりむしろ残酷という、たぶん一度でもアイドルにハマった人間なら、むせび泣くこと必至のお話です。
その他、著作権保護が行き過ぎたゆえに国家とテロ組織が対立する近未来を描いた「かいぞくたちのいるところ」、母親とへその緒が繋がったまま成長する架空の症状をドキュメントタッチで描く「もう人間」といった、SF的な設定の上に緻密に構築されたヒューマン・ドラマが、読み手へダイレクトに迫ってきます。

続きを読む

折りたたむ

byコミタンM  (BOOK☆WALKER スタッフ)

えれほん

うめざわしゅん幻冬舎コミックス

ビジネス関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです