宮部みゆき短編小説『ぼんぼん彩句』6篇を期間限定で特別配信! | ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER
はじめてのお客さまへ
宮部みゆき短編小説『ぼんぼん彩句』6篇を期間限定で特別配信!

宮部みゆき短編小説『ぼんぼん彩句』6篇を期間限定で特別配信!

俳句と短編小説の異色コラボ!月刊誌「俳句」で不定期連載された宮部みゆき短編小説シリーズ『ぼんぼん彩句』6篇を期間限定で特別配信中。

キャンペーン期間2020年5月1日(金)00:00~6月11日(木)23:59まで

『ぼんぼん彩句』特別配信中

宮部みゆき先生コメント(全文)

《電子書籍版『ぼんぼん彩句』 特別配信のご挨拶を申し上げます》

初めまして、宮部みゆきと申します。時代小説やミステリーを書いている作家です。電子書籍の世界ではほとんど作品を配信しておりませんので、このたび初めてお目もじする皆様も大勢いらっしゃると思います。どうぞよろしくお見知りおきのほどをお願いいたします。
いつも紙の本の拙著をご愛読いただいている読者の皆様、こんにちは! 今日はウェブ上でお会いすることになりました。紙の本の新刊も準備中なのですが、この配信では、そちらとは別のシリーズ『ぼんぼん彩句』の短編6作をお目にかけたいと思います。

『ぼんぼん彩句』ができるまで
エンタテイメント小説以外の文芸作品にはほとんど目を向けることのなかった私が、思いがけず俳句に興味を抱くようになったのは、倉阪鬼一郎さんが編まれた俳句アンソロジー『怖い俳句』(幻冬舎新書 平成24年9月)がきっかけです。「俳句という形式で語られる怪異」が目を瞠るほど新鮮で、強く心を揺さぶられました。
自分も俳句を作ってみたい。そう思って、仕事で長いこと親しくしている方たちに相談してみますと、それは楽しそうだ、句会をやってみましょうと、たちまち話がまとまりました。私がいちばんの素人で、実は編集者さんたちには経験者が多く、最初からいろいろ教えてもらうことができたのは、とても恵まれていたと思います。
こうして、3ヵ月に1度ぐらいのペースで句会(と打ち上げの楽しい宴会)を開いていたのですが、一生懸命(ヘボな)怖い俳句や怖くない俳句をひねり続けているうちに、私はもう一つ欲が出てきました。
俳句を素材に短編小説を書きたい。
俳句は、言葉で一瞬の情景を切り取ります。言葉による写真と言ってもいいでしょう。
1枚の写真を題材に短編小説を書くように、一つの俳句を素材に短編小説を書けないか。
というわけで、句会のメンバーの皆さんの作品を頂戴し、書き始めたのがこの『ぼんぼん彩句』という短編シリーズなのです。
ちなみに、タイトル『ぼんぼん』は、俳句作りには素人、凡手の私たちのこと。『彩句』には、それでも彩り豊かな句をひねりたいと努力しています、という意味を込めました。
今回ご披露する6つの短編は、初出としては、角川文化振興財団発行の月刊誌『俳句』に掲載されました。この歴史と伝統ある雑誌の購読者の皆様に歓迎していただいたことで、私はいっそう欲が出てしまい、春夏秋冬の季語が入った句をタイトルにして12本の短編小説を集め、単行本化を目指しています。
とはいえ、そこまではまだまだ時間がかかる。ならば、雑誌とは違う形で今一度、多くの読者の皆様に、『ぼんぼん彩句』をご披露してみたい。私のわがままな思いつきを、KADOKAWAの担当部署の皆さんがかなえてくださいました。
今年は、いつもとはまったく違うゴールデンウィークになりました。俳句と短編小説のコラボが作り出す小さな世界が、皆様にちょっとした気分転換をお届けできるとしたら、作者としてこれ以上の喜びはありません。
どうぞ、ゆっくりとお楽しみくださいませ。
STAY HOME SAVE LIFE

2020年5月1日 宮部みゆき

宮部みゆき先生コメント(全文)

宮部みゆき関連作品

注意事項

  • 本キャンペーンの注意事項
    • 本キャンペーンはエントリー不要です。
    • 本キャンペーンの期間は日本標準時(Japan Standard Time)です。
    • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。