セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

マンガ電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

マンガの新着作品をもっと見る

マンガランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

『つば九郎はペンギンですか?』の質問はNGです(怒られます)

天に向かってつば九郎(1)

可愛くて優しい。そんなマスコットキャラクターへの世間一般の印象を根本から覆す“あいつ”の日常がなんと、ここに明らかになった!
作品紹介にまで「畜生ペンギン」という書かれようの東京ヤクルトスワローズマスコットの“つば九郎”。スケッチブック片手にスポーツニュースに現れるあの謎のツバメかっ!
特にヤクルトのファンではない。でも、気になるっ。読むしかない。

思っていた以上に腹黒な鳥だった。
自分の球団の試合中に競馬に夢中になんて序の口。気に入らない奴はバズーカで打つわ、酒に酔って暴れて警察官に引っ張られるわで、どんだけ自由なんだ。
このゆるキャラブームのご時勢に一石を投じる怪作!
焼き鳥片手にビールを飲むのが大好きな問題鳥(ん?焼き鳥食べるの?)。

どんな時でも我が道を進み、多々問題行動を起こす彼の日常のダークサイドが面白すぎる。
気づけば“つば九郎”だけではなく、彼の妹の“つばみ”や“トルクーヤ ”などの、ヤクルト球団の他マスコットにまで詳しくなっているのでした。
乳酸菌だけではない。ヤクルト恐るべし。

続きを読む

折りたたむ

byMichi  (BOOK☆WALKER スタッフ)

天に向かってつば九郎(1)

東京ヤクルトスワローズ/まがりひろあき講談社

魔王を倒すことより難しい?伝説の勇者も運命の人に出会いたい。

伝説の勇者の婚活 1

魔王を倒し、実績も知名度も申し分ないものの、今まで仕事(冒険)一辺倒で女性との付き合い方が全くわからない勇者のユーリ。
ファンタジーの世界でも、私たちのいる現実社会でも男と女の「出会い」についての悩みは同じようです。

気付いたら周りは結婚してるとか、自分の価値はどこにあるのだろうとか。それ本音トークで実際よく聞く話じゃないですか。
伝説の勇者と呼ばれるユーリも、勇者という肩書以外は全く自分に自信のない悩める若者であるわけで。

運命の人に出会うため荷物を背負って旅に出る人は滅多にいないでしょうが、ユーリに共感できる人はきっと多いはず。
作中のファンタジー界に出てくる妙にリアルな結婚紹介所のシステムにニヤリとしつつ、前作の青春群像劇「1/11 じゅういちぶんのいち」と同様に作品を覆う優しい空気感も心地よい本作。
伝説の勇者の(打倒魔王ではなく)婚活のための冒険。出会うのは運命の人だけではないようです。
良い人を、人生を、見つけられるといいね、ユーリ!

続きを読む

折りたたむ

byMichi  (BOOK☆WALKER スタッフ)

レーベルから探す

マンガ関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです