セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

ビジネス電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

ビジネスのランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

リアリティを徹底した医療サスペンス。女性医師はパンデミックを阻止できるのか?

リウーを待ちながら(1)

ペストという病気を聞いたことはないでしょうか?
歴史上何度か、国を滅ぼすほどの猛威を振るった非常に恐ろしい伝染病です。
そんな恐ろしいペストが富士山麓にある架空都市・横走市で流行し、人々の生活を崩壊させていく様子が緊迫感たっぷりに描かれています。

物語冒頭で、患者を救うために奮闘する女性医師・玉木を阻むのは、「組織」という壁です。
横走市にペストを持ち込んでしまった張本人であり、表沙汰にはしたくない自衛隊。そして、事なかれ主義の病院上層部。
はがゆい...。

そんなことをしているうちに、なす術も無く次々と死んでいく住民。玉木の同僚も倒れていきます。
ついには、封鎖され、市まるごと隔離される横走市民。すると、次に始まるのは、市外の人たちからの誹謗中傷。

この横走市民への心無い言葉は、実際に似たような出来事が何年か前にあったことを髣髴とさせます。
そして作中で流行しているのは現実に存在するペストであったりと、徹底されたリアリティに、背中がぞっとする思いがします。

日本では、かつて明治時代にペストが流行しましたが、根絶に成功しました。
本作ではどのような結末を迎えるのでしょうか?イッキ読み必至です。

続きを読む

折りたたむ

byMichi  (BOOK☆WALKER スタッフ)

眼鏡美人が誘うめくるめくメガネの世界

眼鏡橋華子の見立て(1)

メガネキャラは数多く存在すれど、メガネそのものがテーマの作品はとても珍しいのではないでしょうか?
銀座の交差点で、主人公が偶然出逢った眼鏡美人は、変態の域にまで達したメガネオタクであり、銀座一等地にあるメガネ店の若き店主でもありました。

彼女の店を訪れる客は、それぞれちょっとしたコンプレックスや問題があったりするのですが、メガネを選ぶことで不思議とそれらが解決されていくのです。
「メガネを選ぶという行為は『なりたい自分を選ぶ』ということです」とは彼女の言葉。

眼鏡美人がメガネについてひたすら情熱的に語っているだけなのに面白いのは、メガネの世界が本当に広く深いから。
紹介されているのは実在するメガネやブランドであり、主人公同様に「メガネなんてどれも同じ」と思っていた世界が一変します。
また、客にメガネを選びながら彼女がちょいちょい発する名言じみた台詞は必見!メガネが身近である分、妙な説得力があるのです。

「お客様の毎日にはそれだけかける価値があるんです」という言葉に押され、思わず良いメガネを買いにいきたくなること必至の本格メガネマンガです。

続きを読む

折りたたむ

byMichi  (BOOK☆WALKER スタッフ)

ビジネス関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです