セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

ビジネス電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

ビジネスのランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

漫画家はいつもこんなおいしい目にあってる!?

漫画家接待ごはん(1)

最近ますますニッチに、マニアックな世界へと広がりつつある食べ物マンガに、新顔が登場です。

そのテーマは、「漫画家との接待で食べるごはん」!!

…ニッチです。どんだけ限定されたシチュエーションなんですか?
そんなマニアックなテーマで単行本1巻分話が作れるんですか?

それが作れてしまうのが日本のマンガの底力なんですねえ。

そもそも著者の瀬口たかひろ先生といえば、『オヤマ!菊之助』や『オレたま ~オレが地球を救うって!?~』などの、エッチでキュートな女の子を描かせたら天下一品なベテラン漫画家です。

ゲストで出てくる女性編集者がまたみんなエロくてかわいいんですよこれが。

こんなかわいい編集者と一緒に、こんなうまそうな接待めし食べてるとか、漫画家どんだけうらやまな職業なんだよ!と血圧が上がりかけましたが、実はこの作品厳然たるフィクションなのでした。

続きを読む

折りたたむ

byコミタンM  (BOOK☆WALKER スタッフ)

漫画家接待ごはん(1)

瀬口たかひろKADOKAWA / 角川書店

眼鏡美人が誘うめくるめくメガネの世界

眼鏡橋華子の見立て(1)

メガネキャラは数多く存在すれど、メガネそのものがテーマの作品はとても珍しいのではないでしょうか?
銀座の交差点で、主人公が偶然出逢った眼鏡美人は、変態の域にまで達したメガネオタクであり、銀座一等地にあるメガネ店の若き店主でもありました。

彼女の店を訪れる客は、それぞれちょっとしたコンプレックスや問題があったりするのですが、メガネを選ぶことで不思議とそれらが解決されていくのです。
「メガネを選ぶという行為は『なりたい自分を選ぶ』ということです」とは彼女の言葉。

眼鏡美人がメガネについてひたすら情熱的に語っているだけなのに面白いのは、メガネの世界が本当に広く深いから。
紹介されているのは実在するメガネやブランドであり、主人公同様に「メガネなんてどれも同じ」と思っていた世界が一変します。
また、客にメガネを選びながら彼女がちょいちょい発する名言じみた台詞は必見!メガネが身近である分、妙な説得力があるのです。

「お客様の毎日にはそれだけかける価値があるんです」という言葉に押され、思わず良いメガネを買いにいきたくなること必至の本格メガネマンガです。

続きを読む

折りたたむ

byMichi  (BOOK☆WALKER スタッフ)

ビジネス関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです