セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

ビジネス電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

ビジネスのランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

軍隊ならタダめしが喰える!?

めしあげ!! ~明治陸軍糧食物語~(1)

「めしあげ」とは軍隊用語で、配給される食事を受け取りに行くこと。主人公の千歳は田舎から出てきて困窮し、物盗りにまで落ちぶれましたが、ある時食べた軍隊の残飯のあまりのうまさに感動して、兵隊になる決意をします。
時はまさに日露戦争の開戦直前。戦争が迫っていて大量の兵隊が必要だったからか、千歳はすんなり歩兵第一連隊に入隊し、戦場へと出征していきます。
昨今、ありとあらゆるシチュエーションの“めしマンガ”が流行していますが、今作は戦争中という極限状態における「人間とめし」がテーマです。
生きるためにめしを喰らいながら、生きるために人を殺す。千歳は明るいバカキャラですが、食べ物に対する執着心は、貧困だけでは説明がつかないほど強いです。そんな彼が狂気が支配する戦場に投げ込まれた時、いったいどんなことが起きるのか。狂気の渦に飲み込まれるのか、それとも…。
ロシアとの戦争はまだ始まったばかりですが、今後の千歳の戦いと戦場めしの展開に要注目です。

続きを読む

折りたたむ

byコミタンM  (BOOK☆WALKER スタッフ)

めしあげ!! ~明治陸軍糧食物語~(1)

清澄 炯一/軍事法規研究会KADOKAWA / 角川書店

その男は受験の神か、拝金主義者か?中学受験を徹底的なリアルで描く衝撃作!

二月の勝者 ―絶対合格の教室―(1)

受験をテーマにしたマンガは他にもあるが、その多くは熱血モノであり、自身の夢に向かって努力する登場人物の姿に感動すらするような作品だった。
しかし、本作は全く違う。その特徴は塾の側から見た物語、ということだ。
年々拡大し、熾烈になる中学受験だが、塾業界にとっては夢や涙を語る前に、これは「ビジネス」なのだという現実を突きつける本作に、背中がゾクっとさせられる。
ここに心や人情は不要といわんばかりの黒木の言動には違和感を覚えつつも、否定する言葉が見つからない。
かつて中学受験を経験した人・してない人、これから挑もうとする子供たちとその親。
立場によって本作の受け止め方は色々と思う。
ここで描かれる現実と、この試練を乗り越えた、あるいは乗り越えられなかった子供たちの未来に思いを巡らさずにはいられない。

続きを読む

折りたたむ

byMichi  (BOOK☆WALKER スタッフ)

ビジネス関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです