セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

著者、出版社、スタッフのおすすめ

  • カテゴリ
クズと天使の二周目生活 試し読み
★ ★ ★ ★ ★

クズと天使の二周目生活 ラノベ

日本国内のみ販売

運命に気づかれない様、そーっと人生やり直し!

by モヌス (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/08/15
30歳・・・それは若い時期に怠けていた人と、地道に努力していた人との差が明確に付き始める恐ろしい年齢・・・。

本作は、若い頃から適当に仕事をこなしていたため、同期たちに差をつけられてしまったラジオの構成作家(30歳)が主人公。

そんな彼は、ある日天使の手違いで死んでしまい、生き返らせてもらうついでに10年前から人生をやり直すことになりました。

普通であれば、1回目の反省から今度は地道に努力をしなきゃ!と思うところですが、出てくる発想は、株や馬券で大儲けしようとしたり、未来でヒットする他人の企画をパクろうとしたり、まさにタイトル通り「クズ」そのもの。

当然天使から許されるはずもなく、運命の補正に気づかれないよう、少しずつ未来を変えていくことになりますが、そこで知ったのは、これまで気に食わなかった同期たちの新しい一面や、影でしていた努力の数々でした。

なんだかんだ自分の力で運命を変えようとする姿は、自分も頑張らなきゃ!と思わされますし、芸人でもある著者・天津向さんならではのワードセンスには笑わされてしまいます。

果たして主人公は二度目の人生で成功を収められるのか?

鶏ガラはまず血抜きから(白目)

by じゃんけん (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/08/03
最寄のスーパーではなかなか売っていない食材を手に入れ、何時間もグツグツと煮て、その間はアクをすくうため火の前にいる。
そこまでしてもラーメンを食べ終わるのは一瞬、これを遊びや趣味と呼ぶのだろうか?
否、これを人は「修行」と呼ぶのだ。
初心者にも優しいレシピや、トマトを使った冷やしラーメンなども掲載されておりますが、
この沼へ足を踏み入れるのは結構な勇気が必要です。
そこはきっと広くて深く、抜け出せないだろうから…。

憂鬱な月曜日、それは願いがなんとなく叶う「その日」だった。

by RW (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/08/01
立野の枕元に脈略なくおむろに現れた謎の妖狐。

その妖狐の「願を一つかなえてやるぞ」という問いかけに「願を増やしてくれ」と言うやさぐれた立野。妖狐は「浅ましい」と罵りつつも、煽りに乗って願いを叶えてしまう。

…だがそれは、手段を選ばず願いが成就する、ちょっと困った叶え方だった。

ずっこけ若者奇譚だと思いきや、しっかりとファンタジーしていて、「願い」に対する素朴で美しい展開がワンダフルな作品。

読後にタイトルをもう一度見た時、意外とじわっと来ます。

油断すると心をキャトられる、最後の1ページまで気の抜けないファンタスティック・ミステリー

by RW (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/08/01
大学生、木崎隆一が助けた少女は宇宙人だったのか?立ち去った彼女の正体を知るために「三葉虫の会」という怪しい3人のミステリー作家に助けを求める隆一。

彼らは調査の見返りに、とある対価を隆一に求めるのだが…。

ファンタスティックな導入からはじまりつつも、物語はしっかりとミステリーで、さまざまな過去の宇宙人・UFO事件の怪奇なトリビアを絡め、3人の作家がそれぞれの持ち味を生かして語る「推理」がアメージング!

その「推理」の上を行く展開に、心がキャトルミューティレーションされてしまう危険で素敵な作品です。

許し、許される、ということはどういうことなのかを問う作品!

by べるべっと (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/08/01
主人公の椿は、大嫌いな真央に振り回された高校生活を送っています。
でも、もっと以前に、すごく残酷な振り回され方をしていて……。
事の重大さから本来の明るさを失くしつつも、それでも真央は椿が好きで好きで。
椿もそんな真央を許せるのか、許していいのか悩みます。

大嫌いな相手が大嫌いだった相手に変わる時、「1週間後に死ぬ」運命を、あなたならどうしますか?
結末がとても気になるこの作品、ぜひ、読んでみてくださいね。

私の一推しは、挿絵にもなっている最後のシーン!

年の差“百合”は突然に!危機を脱するために必要なのは二人でのXX

by RW (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/07/31
女子高生の瑞穂が目が覚ますと、そこは知らない場所。

目の前に居る綺麗な年上の女性、明日香はここが「XXしないと出られない部屋」だと告げる。

ちょっとした極限状態で出会った初対面の二人が、脱出を試みる過程でお互いの事を知り、惹かれあっていく様子がポップにほっこり可愛く描かれるガール・ミーツ・ガール4コマまんがです。

奇跡に頼れ!はじめての行き当たりばったりクッキング

by RW (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/07/31
コンロの使い方がわかんなかった女、なみが料理に目覚めた。

「家に食べに来い」と誘われた同級生のツバキは、同じ研究室のコブを(人間の盾として)誘いなみの家へ向かうと、彼女は「オシャレといえばパンケーキ」と 言い放ち、先の見えない調理をはじめるのである…。

聞こえを良く言えばホームパーティ、実際はちょっと軽めのサバトのような状況に、学生特有の2つ先の会話がまったく見えない3人のマシンガントークが面白すぎる、変なテンションのクッキング・コメディ漫画です。

人を「愛」するということを考える短編集

by お花某 (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/07/31
「愛」の形はひとそれぞれ。
本作が語る「愛」は、「愛」が持つどろりとした暗い部分に言及しています。
「それって本の中の話でしょう」とは決して言えないリアリティがあり、今なかなか報われない「愛」を持っている人は、本作を読むことで客観的になれるかも。
タイトルにもなっている『溺愛』他『金髪豚女』『架空恋愛』の3作品収録。

出版創作イベント「NovelJam 2018」優秀賞受賞作品

by お花某 (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/07/31
2日間でゼロから企画し、書き上げた小説とは思えないほど、プロットがよくできており、読みやすく、ウィットにとんだ言葉選び含め、最後のオチまで楽しめました。
星新一のショートショートなどが好きな方にもオススメしたい読後感。

なお、この本を最後まで楽しむためには、帯は読まないことをオススメします。

フハハハハハ、お前もかき氷にしてやろうか!

by RW (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/07/30
暑い夏こそ信じたい、かき氷の可能性。
いわゆる高級かき氷などもトレンドですが、著者がこだわったのは「素材」
そう、凍らせてかき氷機にかければ、素敵な未知との遭遇が待っている…そんな思っていてもなかなかやらない、チャレンジグルメの記録です。

目次を見て最終的にうどんやスープカレーまで行きつくあたりで少しイロモノを想像するかもしれませんが、盛り付けや器にもとてもこだりがあり、決して遊び半分ではない、冷たいかき氷への熱い愛を感じる1冊です。

後へ

ページ先頭へ

本文の終わりです