セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

文芸・小説電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

文芸・小説ランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

ファン必見!登場人物たちの裏話

八咫烏外伝 烏百花 蛍の章

「諦めましたよ どう諦めた 諦め切れぬと 諦めた」

叶う事のない恋、それでもどうしようもない切なさの伝わる一文にキュンとしたり、
本編では語られなかった登場人物たちの過去にホロリとするハズレ無しの短編集。

浜木綿の壮絶な過去を描いた「すみのさくら」、女として生まれ男として職を得た秘書官の松韻「まつばちりて」ではそれぞれ違った“強さ”と“美しさ”に心を打たれます。
特に松韻の愛の物語は、情熱的で切なく涙なしには読めません。

そして本編でも少々気になる二人“真赭の薄”と“澄尾”の外伝「わらうひと」では、
彼女の視点からみた澄尾と二人の微笑ましいやり取りにニヤニヤが止まりません。
澄尾、かっこよすぎる。

「ゆきやのせみ」では振り回される雪哉と若宮の横暴さにほっこり。
第二部への期待が高まる1冊です。

続きを読む

折りたたむ

bySS典子  (BOOK☆WALKER スタッフ)

再読必至!途中で真相に気が付いた人は天才です!

神様が殺してくれる

『すべてがFになる』著者、森博嗣の海外を舞台にしたミステリー!
まず、最初に言っておきたい。このトリック、騙されない人いるの?

“女にしては美しすぎる”と評される美貌の持ち主、リオン。
彼に関わる人間は性別を問わず、惹きつけられ、惑わされ、そして死んでいく…。

連続殺人の現場に必ずいる“リオン”だが、犯行は物理的に不可能。
これといった証拠もなく、動機も見えず、気が遠くなるような地道な捜査を繰り返す警察。
捜査令状も取れず、重要参考人を拘束することもできない!もどかしすぎる!

犯人は誰なのか、なぜ殺すのか…。
小さな糸口が見つかったかと思えばまた見失う。

推理してやろう、などという余裕が無くなるくらい振り回され、気になって眠れなくなるほどハマります。
そして最後の最後で想像の斜め上をいくどんでん返し。

「こりゃ、一本取られた!」と自身のおでこをペチンとしてしまうこと請け合いです。

続きを読む

折りたたむ

bySS典子  (BOOK☆WALKER スタッフ)

レーベルから探す

文芸・小説関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです